バイアグラジェネリック

バイアグラジェネリック/ed治療薬の効果やその使用方法を詳しく紹介

バイアグラジェネリックが安い理由

 

なぜバイアグラジェネリックは安いのでしょうか?

 

まず、ジェネリック医薬品の成り立ちから説明します。

 

 

ジェネリック医薬品とは、「後発薬」とも呼ばれるように、いわゆる「新薬」の特許期限が切れた薬を名前を変えて製造したものを言います。

 

「新薬」は莫大な研究費用と時間をかけて開発されるので、当然薬の価格にも反映されるため割高になってしまいます。

 

その点、新薬のノウハウが既に存在するジェネリック薬品は、新薬ほど経費を掛けなくても製造できるため、販売価格を安くすることが出来るんです。

 

さらに、ジェネリック医薬品を製造しているのはインドが圧倒的に多いことも理由の一つです。

 

 

インドは国内法で、特許の期限を定めていないため、他の国で開発した薬で特許期限が残っていても、製造することが出来てしまうんです。
インド国内で作られた薬は、アフリカなどの貧しい国の医療に大いに貢献しており、もしインドで薬が作れない場合は、インドから薬を輸入している国の医療制度自体が破たんしてしまうくらいの影響力を持っています。

 

 

なので、インド国内で安く薬を作ることは非常にに意味のあることでもあるんですね。

 

インドは国を挙げて製薬会社をバックアップしており、安全面からいっても信頼性は高いと言えます。

 

このような理由でジェネリックは安く供給されているわけですが、問題が無いわけでもないんです。

 

それは、「ニセモノ」が大量に出回っている事です。

 

 

インド国内には劣悪な環境で「ニセモノ」のジェネリック医薬品を作っている工場が沢山あり、悪徳業者がその薬を安く販売して利益を得ている実態があります。

 

インターネット通販で気を付けなければならないのは、このような悪徳な個人輸入代行業者からは絶対に購入しない事です。

 

バイアグラジェネリック

 

バイアグラジェネリックは、バイアグラの主成分であるクエン酸シルデナフィルを使ったバイアグラの後発薬です。

 

バイアグラジェネリックには、いくつか種類があるので紹介していきます。

 

1.カマグラゴールド

 

 

 

インドの「アジャンタ・ファーマ社」が製造するバイアグラジェネリックで、バイアグラジェネリックの中でも最も人気があります。

 

日本国内のクリニックで処方してもらえるのは、50mgと25mgですが、ここで紹介するカマグラゴールドは輸入品なので、100mgタイプです。

 


ピルカッターで半分にすれば、50mgになるのでコストパフォーマンスがさらに高くなります。

 

 

2.カベルタ

 

カベルタは、インドの製薬会社ランバクシー・ラボラトリーズが製造するバイアグラと同じ成分で作られたED治療薬です。

 

カベルタは勃起を助けるED治療薬として処方されています。

 

カベルタは陰茎の海綿体平滑筋の緊張をゆるめ血流をよくすることで、十分な勃起に導きます。

 

カベルタの成分、クエン酸シルデナフィル(Sildenafil)には、勃起を持続させる効果があります。

 

3.シラグラ

 

シラグラはジェネリック医薬品メーカーの最大手であるインドの製薬会社のシプラ社の製品です。

 

シラグラ100mgは先発薬のバイアグラの約3分の1の価格です。

 

症状によって、1錠の半分(50mg)の服用でも効果があるので、その場合はさらにコストパフォーマンスが高くなります。

 

最も歴史のあるED治療薬バイアグラのジェネリックをもっと詳しく知りたい方は次のページから詳細を説明しています

 

バイアグラジェネリック通販

 

一般的に、ed治療薬を手に入れるためにはクリニックを受診して、問診などの診察を受け医師から処方箋を出してもらい、薬局で薬を受け取ると言う流れです。

 

この方法は、初めてed治療薬を使用する場合、他の薬を飲んでいる人などにはきわめて有効です。

 

なぜなら、ニトログリセリンなどの硝酸剤を飲んでいる場合、急激な血圧低下を引き起こし、最悪の場合命を落としてしまう可能性があるからです。

 

最初にバイアグラのジェネリックを使用する場合は、クリニックを受診してください。

 

だいたい初診の場合、薬代も含めて1万円ほどは掛かるでしょう。

 

2回目以降は、インターネット通販を利用して「個人輸入代行業者」から購入しましょう。

 

 

その場合、くれぐれも「ニセモノ」を扱う業者には注意してください。

 

悪徳業者は劣悪で不衛生な環境で、「ニセモノ」の薬を製造しています。

 

ある調査によると、ネット上に出回っている薬の6割は「ニセモノ」という調査結果も出ているくらいです。

 

では、どのようにして悪質業者を見分けるかですが、極端に値段が安い業者には要注意です。

 

ジェネリックは安いと言っても、それなりの経費は掛かっているわけですから、極端に安くは出来ないんです。

 

 

もう一つの方法は、NTTのタウンページに記載がある業者なのかを、タウンページ検索などで調べることです。

 

悪徳業者は固定店舗を持たず、持っていたとしても短期間で収益をあげて撤退してしまいます。

 

ここのサイトで紹介している業者は、「正規品」のみの扱いなので、安心して購入できます。

 

口から身体に入るものなので、予期しないような副作用の危険を避けるためにも、業者選びは慎重にしてください。

 

バイアグラジェネリック国産

 

今まではバイアグラのジェネリックはインドを始め外国製がほとんどでした。

 

ところが、「バイアグラ」の成分である「シルデナフィル」の「物質特許」が2013年5月17日に特許権存続期間を満了し、勃起不全治療の「用途特許」が2014年5月13日に満了した事で、正式にどの製薬メーカーでも「バイアグラジェネリック」を製造できるようになりました。

 

日本の製薬会社も、厚生労働省の認可を得て、一斉に「バイアグラジェネリック」の製造を始めました。

 

ただ、医薬品の場合、解禁になったからと言って、すぐに製造販売できる訳ではありません。

 

各製薬会社も、「生物学的同等性」と、長期保存試験や加速試験などで「薬剤の安定性」を証明し、しかるべき手続きを経た後、厚労省から製造販売承認を得てやっと販売できるため、解禁されてから1年ぐらい経過しないと発売できないのが現状なんです。

 

そのような経過を経て、2014年5月19日に「東和薬品株式会社」から、OD錠(水なしで飲めるように薬独特の苦みが無く唾液の水分だけですぐに溶けるお薬)という剤形で「レモン風味」「コーヒー風味」という2種類のバイアグラジェネリックの発売が開始されました。

 

「シルデナフィル OD 錠 50mgVI・トーワ」という商品名で、価格は1錠1200円です。

 

ちなみに、発売開始日 2014年9月19日に「キッセイ薬品工業株式会社」から発売された「シルデナフィル錠 50mgVI・キッセイ」はOD錠ではありませんが、価格は1錠1000円と「シルデナフィル OD 錠 50mgVI・トーワ」より少し低価格になっています。

 

その後も、2014年8月4日には「株式会社陽進堂」から発売、8月20日には「武田薬品株式会社」、2014年10月には国内で6〜8種類のバイアグラジェネリックが登場しています。

 

バイアグラジェネリック・効かない

 

バイアグラジェネリックを飲んでも、効果があまりないと感じる人がいます。

 

その原因のほとんどは、「飲み方」を勘違いしている事なんです。

 

それでは、バイアグラジェネリックの正しい飲み方はどのようにしたら良いんでしょうか。

 

そのポイントとなるのが、「完全な空腹時に飲む」ということなんです。

 

特にバイアグラは食事の影響を受けやすいと言われているので、「最低でも食後2時間以上空ける」と覚えてそれを実行していたとしても、脂っこい食事をしたときなどはED治療薬の効き目は悪くなります。

 

ED治療薬を飲んだがあまり効かなかったという人の8割以上が、この間違いを犯しているんです。

 

バイアグラジェネリックは基本的に「食前」に飲む習慣をつけましょう。

 

ED治療薬はちょっとお酒に似たところがあり、すきっ腹に飲むと、すぐに成分が血液に吸収されて効き目が早く、強く出るんですが、胃の中に食物があるときは、薬の成分だけ優先的に吸収というわけにはいかないんです。

 

とくに脂こい食事をした後は胃壁や腸壁に油膜ができているので、薬の吸収は極端に悪くなります。

 

その場合は2時間どころか4〜5時間あいだを空けても、あるいは空腹感を感じるまで待っても、胃や腸の壁にできた脂肪のコーティングは解消しないことがあるんですね。

 

でも、「腹が減っては戦が出来ぬ」のことわざ通り、空腹を抱えたままだとセックスにも集中できませんよね。

 

食事をしても効果の影響を最小限に抑えるには、空腹時にバイアグラジェネリックをのんで30分以上間をあけてから食事をするという事なんです。

 

30分あれば空っぽの胃から薬はほとんど吸収されて、成分の血中濃度は充分に高まっていますので、食事をしても効果に影響はほとんど無いんですよね。

 

食前に飲むか食後の飲むかで、効果に大きな違いがあることを良く理解したうえで、最大限の効果が発揮されるように使用したいものですね。

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ